住宅

不動産の売却時の注意ポイント|税金を把握しておくとお得

チェックしたい項目

婦人

誰のための住まい

子育てに適した立地とも言われる杉並区では、住宅地として30代が中古マンションの購入を選択肢に入れ、情報収集を行っています。杉並区は利便性での立地条件が魅力ですが、中古マンションを購入する前には管理組合による維持管理の実態を把握することも大事です。というのも、住み心地のみならず、資産価値までが変化するためです。管理の主体は購入する区分所有者で作られている管理組合ですが、自動的に組合員として責任を負う内容です。業務は代行されるものの、老朽化した箇所の修繕内容や居住者間のトラブルなどは、管理会社任せにできない携わりになります。また、購入前には現地見学は必須です。日当たり・眺望・騒音などに関しては、時間帯によって変化するために訪問する状況確認は大事です。さらに中古マンションでは住戸の間取り図のみならず、全体の各階平面図をチェックすることもポイントです。新築と異なり、隣戸や上下の状況は築年数によっても様々に変化しています。その他、杉並区では家族のライフスタイルにあわせて中古マンションを購入することも業界から指摘されています。特に住宅地となる杉並区一帯では、ワーキングマザーの視点が重要視できます。希望する園に入れず、住宅ローンの返済に影響するなどの本音も見聞きされているからです。購入前には、万一に備え、会社から園までの距離や時間を視野に入れることも大事で、家事動線についても中古マンションならば現地見学で確認できます。また60代では、住まいの不満解消となる縮小買い換えが話題です。使わない部屋や上がらない階段などの戸建てより、バリアフリーで管理がラクなリノベされた中古マンションへ目を向けています。購入では二世帯近居や同居なども特徴で、住まいを賢く手に入れる税・共有名義などの情報も収集すべきです。