住宅

不動産の売却時の注意ポイント|税金を把握しておくとお得

首都圏から近い自然環境

住宅

地域により気候も違う

別荘地として名前の知れている土地は全国に何箇所もあります。その一つが伊豆です。伊豆は静岡県の東端に位置する半島で南北に長い形をしています。もとは火山活動によって生まれた独立した島でしたが、地殻変動により本州と陸続きになりました。そのため伊豆半島内での標高差は大きく、気候にも差があります。避暑を目的とした別荘を構えるのであれば、気温が比較的低くなる標高の高い地域が快適です。海岸沿いよりも内陸に入った地域が該当します。ゴルフ場もあり、暑さを避けてアウトドアを楽しむことができます。また夏の伊豆はマリンレジャーの本場です。マイカーでやってくる観光客で海岸沿いの道路は渋滞します。静かな休暇を過ごしたいのであれば、海岸から離れた地域の別荘がおすすめなのです。反対に冬の寒さを避けたいのであれば、伊豆半島の南端付近の別荘が適しています。太平洋を南から北へ流れている暖流に近いため、温暖な気候です。観光地として大きく開発されておらず、自然を活かした景勝地なので派手さはありません。有名なダイビングスポットもありますが、首都圏からの日帰り観光客は少なく、のどかな田舎の雰囲気を感じ取ることができます。関東地方と東海地方の境目になっている伊豆に別荘があれば、箱根や沼津に足を伸ばすことも可能です。豊かな自然環境に惹かれて移住する人もいます。伊豆半島の面積は東京23区の2倍以上あります。実際に足を運んで別荘の立地を検討しましょう。